ガジェット ラベルライター

これからのラベルライターにPCリンクは必須!ネームランド KL-M50の使用感をレビュー

投稿日:2018年1月24日 更新日:

前回の投稿で紹介したラベルライター(ラベルプリンター)
CasioネームランドKL-YK50(KL-M50)が到着しましたのでさっそく使用感を紹介してみようと思います。

前回の投稿

ネームランドKL-YK50(KL-M50)の実物

サイズ280x220x85(mm)の箱に
本体+ACアダプター+説明書+テスト用テープカートリッジ(18mm)が入っています。

KL-M50専用ケースのようなものはなく、汎用的なケースが別売りで存在します。

外箱

外箱

本体の大きさは、
210x200x65(mm)

本体とACアダプター

本体とACアダプター

本体のキーボード上にはいろいろ機能が書かれてます。
が!とりあえずどうでもいいです^^

PC操作オンリーのつもりで購入してますので!

というか、ACアダプター大きいですね。

テープは12mm幅が汎用性高くおすすめ

付属のテスト用18mmテープはちょっと大きく、Amazonのセットで付いてきた9mmテープは小さめ。
というわけで、12mmのテープも一緒に購入しました。

100円ショップの各種ボックスに貼るという用途であれば幅12㎜がバランス的にベストです。
剥がしやすいように幅15mmのマスキングテープの上に貼るのがオススメ!

この記事を書いている際に気づいたのですが、ネームランド互換品なんてものがあったんですね。
お安いですがもちろんメーカーサポート対象外となるため使用は自己責任になってしまいます。

別売りのネームランド用ケースも買ってみた

なんかすぐ関連商品揃えたくなっちゃうんですよね^^
片付け下手のサガというやつです!

外箱と比較用の12mmテープ

外箱と比較用の12mmテープ

説明書はピッタリ収まります。
底の深さに余裕があるため予備のテープも一緒に収納できます。

説明書とテープを収納

説明書とテープを収納

本体を収納したところ。
KL-M50専用ではないため若干の空きができてしまいます;;
まあ、でかすぎるアダプターのせいで収まりきらなかったケーブルを入れることができたので結果オーライ!

本体とACアダプターを収納

本体とACアダプターを収納

れでお
買って悔いなし!

ネームランドKL-M50の良い点

PCリンクはやっぱり便利!

実際に扱ってみると、ネームランドを箱から出してPCに接続するというのは結構面倒!
でも、時間のあるときにPCでラベルを作成して保存しておき、気が向いた時にまとめて印刷するということができるので便利です。

それに、PCでのキー入力ならラベル作成時のストレスがありません!
これが一番!

ラベル作成ソフトが使いやすそう

用途が限定されますが予め利用シーンに応じたテンプレートが多数用意されており、
オフィスやショップ等で使われると思われるラベルが簡単に作成できてしまいます。

私にはまったく無用の長物ですけど^^

TrueTypeフォントが出力できる

ネームランド本体に用意されている書体は、漢字:3種、かな:8種、英数:12種と少ないのですが、ラベル作成ソフトを使用するとPCにインストールされているTrueTypeフォント(.TTF)を出力することが可能!

TTFはフリーフォントも多数存在しますので表現の幅が大きく広がります。
PCリンクを使わない手はないですね!

オフィシャルサイトの説明にあるようにTrueTypeフォントのみのサポートのため、
OpenTypeフォント(.OTFや.TTC)は使用できません。

※使用できる書体はTrue Typeフォントのみとなります。

ネームランドKL-M50のここがイマイチ!

ハーフカット機能の余白が大きすぎる

ハーフカット機能は便利なのですが、余白部分が16㎜もありました。

余白なんて5㎜もあれば十分なのに、なんでこんなに空ける必要があるんですかねえ。
カシオさん?

ハーフカットの余白

ハーフカットの余白

USBケーブルでの接続は不便

使うたびにケーブルを出して接続してという作業が地味に面倒です。
ものぐさなので^^

どうせならWi-Fiでお願いします!

使用しない時の置き場所に困る

本体や付属品は結構大きく、ネームランド用ケースを購入してはみたものの置き場所に困ります。

PCプリンターと違って使用頻度も低いため出しっ放しにしておくのもなんだかなあという感じですし、一度しまったらしまいっ放しになっちゃいそう。
ものぐさなので^^

ピータッチキューブくらいの大きさ&デザインでお願いします!

まとめ

使ってみての率直な感想としては、

れでお
やっぱり今時のガジェットは小型&ワイヤレスでないとなあ

でした。

五千円台で探すとなるとやはりある程度のストレスとは仲良くなる必要がありますね。

とりあえずメーカーへの要望。

  • もっと小型に!圧縮!圧縮!
  • キーボードもういらなくね?
  • Wi-Fiをお安く実装できない?
  • ラミネートテープはもうやらないの?

理想はピータッチキューブの形状でWi-Fi接続できるような奴かなあ。

お高いものであれば既にあるんですけどね^^
さすがにラベリング用途で1万円以上は手が出ません。

というか、今さらながらにブラザー工業のPT-P300BT、PT-J100シリーズは
PCリンクはできないもののかなり良いセンいってるのではと思いました。

これが隣の芝生というやつか?

TrueTypeフォントで可能性は無限大?!ネームランドのラベル印刷ソフトが超便利!

前回の投稿にて、ネームランドのラベル印刷ソフトはTrueTypeフォントが使用できると紹介しましたが、 TrueTypeフォントって何?れでこ という人もいるかと思います。 そこで、TrueTypeフ ...

-ガジェット, ラベルライター

Copyright© れでログ , 2019 All Rights Reserved.