amazonアソシエイト ブログ作成

AmazonJSやカエレバを過去にする?最強の商品紹介ツール「WPアソシエイトポストR2」

投稿日:2018年7月3日 更新日:

ブロガー・アフィリエイター後発組からすると世の中にはいろんな便利ツールがたくさんあって、嬉しいやらありがたいやらで日々勉強させていただいています^^

アフィリエイターとして非常にお世話になるツールとしては、AmazonJSとカエレバの2つがこれまで商品紹介ツールの定番でした。

しかし、それらの良いところを併せ持った商品紹介ツールの決定版ともいえるツールが表れました!しかもWordPress公式プラグインで無料です!

こりゃ試してみるっきゃないでしょ!

こんな商品リンクが作成できます

以下のサンプルは画像です。

標準

画像・テキスト(横)

画像・テキスト(縦)

WPアソシエイトポストR2の特徴

ポイント

  • Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの商品リンクが作成できる
  • 外部サイトに行かずにWordpress内で簡単に商品紹介が可能
  • 柔軟なデザインスタイルに対応
  • 検索ワードに任意にワードを指定可能
  • 商品検索時にアフィリエイト料率が確認できる

複数のECサイトへの商品リンクを作成

私はこれまで商品を紹介する際にAmazonJSをメインに利用していましたが、AmazonJSだとAmazonの商品ページへのリンクしか用意できません。

そのため、せっかくサイトへ訪ずれて商品に興味を持ってくれた人がいたとしても、その人が楽天市場やYahoo!ショッピングをメインに利用している人であった場合は機会損失となってしまいます。

これまで、様々なECショップに対応して機会損失を防ぐためには、がんばってAmazonJSを魔改造するかカエレバを使用する必要がありましたが、WPアソシエイトポストR2では簡単にAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングへの商品リンクが作成できます。

ただし、対応しているのはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3サイトのみですので、カエレバの優位性は保たれていますね。

ECサイト URLの遷移先
Amazon 指定の商品画面
楽天市場 検索ワードによる検索結果
Yahoo!ショッピング 検索ワードによる検索結果

WordPress内操作で簡単に商品紹介が可能

WPアソシエイトポストR2をインストールすると、Wordpressのエディタ画面に「商品リンクを追加」というボタンが追加され、そのボタンから商品の紹介が行えます。操作方法はAmazonJSと似ており、ユーザフレンドリーなGUIとなっていますので迷うことなく操作することができると思います。

私がカエレバを使用しない理由に「外部サイトでリンクを作る必要がある」という点があったのですが、WordPress内の記事エディタのみで完結できるのは非常に便利です!

柔軟なデザインスタイルに対応

テンプレートとなるスタイルシートはデフォルトで3種類用意されており、いずれもまずまずのデザインですが、もし用意されているデザインが気に入らなければ自分でCSSファイルを追加することができます。

「wpap-*.css」という名前のスタイルシートファイルを作成し、Wordpressのテーマフォルダに放り込むことで、WPアソシエイトポストR2が自動認識して設定画面から選択可能となります。

ただし、レイアウトをカスタマイズしたい場合はテンプレート(PHP)を編集する必要があり、若干のプログラミング知識が要求されます。

また、ボタンの文字列を変更したい場合はPO/MOファイルを更新するか、テンプレートを直接編集する必要があります。まあ、MOファイルを作成するのは面倒なのでテンプレートに直接書き込んでしまった方が楽です。

しかし、デフォルトのボタンの文字列はちょっとおざなりですねw

POファイル
wp-associate-post-r2/languages/wp-associate-post-r2-ja.po

テンプレート
wp-associate-post-r2/templates/detail.php

ボタンの文言を変更

ボタンが横に並ぶことを考えると短い文字にするのが無難です。
Yahooボタンが改行されるより横一列の方がなんとなく見栄え良さそうですし。

テンプレート
wp-associate-post-r2/templates/detail.php

変更前

26行
<span><?php esc_html_e( 'Amazon', 'wp-associate-post-r2' ); ?></span>
30行
<span><?php esc_html_e( 'Rakuten', 'wp-associate-post-r2' ); ?></span>
35行
<span><?php esc_html_e( 'Yahoo', 'wp-associate-post-r2' ); ?></span>

変更後

26行
<span>Amazonで見る</span>
30行
<span>楽天市場で見る</span>
35行
<span>Yahoo!ショッピングで見る</span>

注意ポイント

スマホでの表示もボタンは横並びとなります。もし表示文字列を変える場合はボタン配置を縦並びにするなどのカスタマイズをした方がよさそうです。
アップデートされた際に上書きされてしまいますので、やっぱりデフォルトのままの使用が一番かもw

「Amazonの情報を掲載しています」を編集

不要な場合はテンプレートの39行目を消してしまいましょう。

別の文言に変更したい場合はPO/MOファイルを更新するか、39行目の<div>要素のPHP部分を任意の文字列に書き換えてしまいます。

テンプレート
wp-associate-post-r2/templates/detail.php

変更前

39行
<div class="wpap-note"><?php esc_html_e( 'Amazon product information', 'wp-associate-post-r2' ); ?></div>

変更後

39行
<div class="wpap-note">WPアソシエイトポストR2にて作成</div>

GUIが秀逸

操作性に関してはAmazonJSがすでに完成されたプラグインと言っても過言ではないと個人的には思いますが、WPアソシエイトポストR2も同様の操作性で非常に使いやすいです。

検索ワードに任意のワードを指定できる

WPアソシエイトポストR2では、AmazonのAPIを使用して商品検索および商品の情報を取得していますが、楽天市場やYahoo!ショッピングの検索結果リンクはデフォルトではAmazonの商品タイトルを検索ワードとして使用しています。

ですので、以下の例のようにタイトルに「Amazon.co.jp限定」などのワードが含まれていると、楽天やYahoo!ショッピングの検索ワードとして適切ではありません。

Amazonの商品タイトル

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付

ですが、商品リンク作成時に「検索キーワード設定」欄を編集することで、任意の検索ワードを設定することができるため最適なワードを探して指定することが可能です。この点はAmazonJSの改造では難しかった点だと思います。

この時、「楽天市場で検索」「Yahoo!ショッピングで検索」ボタンを押すことで、別タブ表示にて検索結果を事前に確認することもできます。

まさに至れり尽くせりですね!

WPアソシエイトポストR2の今後の展開

公式サイトによると、以下の機能追加を考えているそうです。

現在でもかなり使いやすいのですが、デザイン関連部分が更に使いやすくなると良いですね。もしもアフィリエイトに対応されるのも嬉しい人は多いのではないでしょうか。

  • テンプレートタイプ「カスタム」テンプレートタイプ「テキスト」の復活
  • 楽天市場、楽天ブックスへの単体表示の復活
  • スマホから投稿画面を閲覧した際、広告の貼り付けができない点の改善
  • もしもアフィリエイトに対応
  • Yahoo!ショッピング単体表示の機能追加

最後に

WPアソシエイトポストR2は無料で使用することができますが、寄付という形で開発支援をすることができます。

支援することで開発のモチベーションアップにつながるかも!

当プラグインをご利用後、気に入っていただき『開発継続のための支援をしてもいい』と思うユーザーさまがおりましたら、以下ページより支援いただけますと嬉しく思います。

WPアソシエイトポストの開発を支援する

 

-amazonアソシエイト, ブログ作成

Copyright© れでログ , 2019 All Rights Reserved.