生活

布団の切り替え時は宅配クリーニングがおすすめ!業者の比較・検討

投稿日:2018年3月6日 更新日:

3月に入り厳しい寒さも感じられなくなり、そろそろ春かなあと感じられる季節になりました。

来月ごろには、秋冬に使用していた布団や毛布から春用の布団に切り替えるという人もいるかと思います。

その際に避けられないのが寝具のクリーニング。

今回は面倒な布団クリーニングを家から出ずに簡単に解決できる、便利な宅配クリーニングについて紹介したいと思います。

季節の節目には布団クリーニングを

掃除機や天日干しでは、水溶性の汚れや布団の中のゴミまでは取り除けません。

  • カビ
  • 皮質の脂肪分
  • 細菌・雑菌
  • フケやアカ
  • ダニ、ダニの死骸およびフン

まあ、布団には様々なゴミが含まれているわけですね。

汗による汚れはシーツを通り越して布団まで染み込みます。

汗の塩分・脂質・尿素などを含んだ布団は重くなり、質感もしっとりしてきて気持ち悪く、快適な睡眠の妨げとなります。

布団を清潔に保つことは健康に過ごすことにもつながります。
赤ちゃんがいる家庭では特に気を付けたいですね。

次の春夏/秋冬を気持ちよく迎えるためにも、寒暖の変わる季節の節目にはこれらの汚れ・ゴミは水洗いで洗い流してキレイにしましょう。

清潔でふかふかな布団で快適な安眠を!

宅配クリーニングなら家から出なくても完結できる

「布団クリーニングの重要性はよく分かる。でもクリーニング店に持ち込む手間がめんどくさい!」

という人もいることでしょう。
よく分かります^^

クリーニング店に布団を持ち込むのも重いですしね。
1枚ならともかく、2枚、3枚とあるとイヤになってきちゃいます。

そんな人には、家からでなくても集配から配達まで完結できる宅配クリーニングが非常にオススメです。

  1. インターネットや電話で申し込んで、
  2. 集配業者に預けて、
  3. キレイなったクリーニング品を待つだけ!

楽ちんですね^^

宅配クリーニングに出せない布団に注意

これは業者により異なってきますが、
基本的に水洗いする業者では水に弱い素材の布団はクリーニングすることができません。

業者さんにより受付可否は異なりますので注意が必要です。

真綿・シルク

メーカーによっては洗えるもの・洗えないものがあるようですが、基本的に水洗いはできないと考えて良さそうです。

ドライクリーニングならOKかといえば、やはりできるものとできないものがあります。

そんな扱いにくい素材ですので、クリーニング業者としても扱いかねるところが多いという状況です。

無理に洗うと縮んだり固くなったり偏ったりします。最悪破れます。

ノンキルト羽毛布団

キルトとは縫い目のことです。

縫い目のない羽毛布団は水洗いの際に接着剤がはがれてしまい、羽毛の偏りが発生します。

ウレタン・ラテックス製品

ウレタン・ラテックス製の敷布団はなかなか乾かないためクリーニング業者であっても取り扱ってくれないところもあります。

また、低反発ウレタンは水に弱く劣化が激しいめクリーニングしてくれるところは限られてしまいます。

その他

他にも電気使用の寝具や磁石入りの寝具など、業者により様々です。

布団を扱う宅配クリーニング業者あれこれ

KAJITAKU

イオングループの家事代行サービス業者で、布団の宅配クリーニングサービスも行っています。

個人的には、クリーニング後に最長9か月間保管をしてくれるというサービスが最大の特徴ですね。収納スペースの節約になりますので非常に助かります!

クリーニングプランが3点パックしかないという点は若干使いにくいかもしれません。
※追加は可能。

夏掛布団は2枚で1点、毛布は3枚で1点という扱いになります。

料金プラン
(税抜価格)

1~3点:13,000円
+1点で+4,000円

夏掛布団は2枚で1点
毛布は3枚で1点
など特殊単位で計算

その他プラン  
素材による料金変動 なし
サイズによる料金変動 キング・クイーンは2点で計算
送料 送料込み
保管サービス 最長9か月
品質保証 あり
お届けから14日以内
損害補償 あり
サービス日から7日以内
宅配業者 佐川急便
受け取り時間指定 曜日と時間帯指定は可
日にち指定不可
洗える布団 洗えない布団
記載なし 真綿・シルク
ムートン・皮革
特殊加工(磁石・スプリング入り)
電気使用の布団
ノンキルト羽毛
折りたたむことのできない製品
低反発・ファートン

しももとクリーニング

クリーニング中に代わりの布団を貸し出してくれるプランや、他では受け付けてもらえないことの多いムートン製布団用のプランといったユニークなプランがあるのが特徴的です。

布団1枚での料金が安いため一人暮らしの人にオススメです。

料金プラン
(税抜価格)
1枚:6,600円
2枚:8,400円
3枚:10,500円
その他プラン ・レンタル付きクリーニングプラン
・ムートン寝具丸洗いプラン
素材による料金変動 なし
※ムートンは専用プランあり
サイズによる料金変動 なし
※キングサイズ不可
送料 送料込み
保管サービス なし
品質保証 あり
お届けから10日以内
損害補償 あり
お届けから10日以内
宅配業者 西濃運輸
受け取り時間指定 午前・午後 
洗える布団 洗えない布団
羽毛
綿
ポリエステル
化織
羊毛
シルク
こたつ布団(掛・敷)

ナイロン
アクリル
ノンキルト羽毛
低反発ウレタン
テンセル生地
絞り素材
縮み生地
天然染料使用製品
キングサイズの布団
折りたたむことのできない製品
ソバガラ、ヤシガラ入りの枕

リネット

過去は詰め放題で15,000円のパックでしたが、2018年2月よりパック料金制へ移行されました。

一人暮らしの人でも使いやすくなりましたが、圧縮してたくさん出すという手法が使えなくなったのは残念ですね^^

料金プラン
(税抜価格)
1枚:8,800円
2枚:11,800円
3枚:12,800円
4枚:14,800円
[対象]
掛け布団/敷布団/こたつ布団/肌掛け布団/寝袋
布団以外は別料金体系
その他プラン  
素材による料金変動 なし
サイズによる料金変動 クイーン、キングは追加料金
送料 送料込み
保管サービス なし(衣類のみ)
品質保証 あり
お届けから30日以内
損害補償 あり
お届けから30日以内
宅配業者 ヤマト運輸
受け取り時間指定 ・9時~13時
・13時~15時
・15時~17時
・17時~19時
・19時~21時
洗える布団 洗えない布団
マットレス
破れ・穴があいているもの
汚れが酷いもの
濡れているもの
ムートン素材の寝具
電気布団・毛布
ビーズクッション
カーテン
カーペット
真綿・シルク
低反発マット
色が濃い柄物
色落ちの可能性のあるもの
ソファーカバー
玄関マット
ノンキルト製
磁気布団
本革使用の寝具
そばがら枕
ファートン
ムアツ布団

リナビス

年間1万名限定の宅配クリーニングサービスです。
小規模ながらも熟練クリーニング職人が手間ひまかけてサービスを提供してくれます。

サイズはシングルサイズのみのため注意!

料金プラン
(税抜価格)
1枚:11,200円
2枚:13,800円
3枚:15,000円
4枚:18,300円
5枚:21,600円
6枚:24,900円
毛布・ベビー布団・タオルケット・寝袋・ベッドパッド等は2枚で1枚扱い。
※シーツ・カバー・枕などは別オプション
その他プラン  
素材による料金変動 なし
サイズによる料金変動 シングルサイズのみ
送料 送料込み
北海道、一部離島は別途4,104円(税込)
沖縄は別途7,992円(税込)
保管サービス なし(衣類のみ)
品質保証 記載なし
損害補償 あり
宅配業者 ヤマト運輸
受け取り時間指定 ・9時~13時
・13時~15時
・15時~17時
・17時~19時
・19時~21時
洗える布団 洗えない布団
羽毛布団
こたつ布団
綿わた布団
羊毛布団
マットレス
ムートン素材
破れ・穴がある物
汚れ・臭いが酷いもの
排泄物等がついている物
濡れている物
本革使用の布団寝具類
ノンキルト
その他クリーニング不可と判断したもの

フレスコ

お掃除サービスで有名なダスキンも布団クリーニングサービスを行っていますが、フレスコはその委託先業者となります。

直接フレスコに依頼した方が仕上がりが早い上にサービスもよいです。

料金プラン
(税抜価格)
なんでもコース
1枚:10,800円
2枚:12,900円
3枚:14,850円
その他プラン 羽毛専門コース
1枚:8,480円
2枚:10,900円
素材による料金変動 なし
サイズによる料金変動 なし
送料 送料込み
保管サービス なし
品質保証 記載なし
損害補償 お届けから8日以内
宅配業者 ヤマト運輸
受け取り時間指定 ・9時~13時
・13時~15時
・15時~17時
・17時~19時
・19時~21時
洗える布団 洗えない布団
羽毛
羊毛
綿
ポリエステル
ウレタン
アクリル
シルク
ムートン
ノンキルト羽毛布団
ソバガラなど羽毛以外の枕
座布団
低反発ウレタン

宅配クリーニング業者の選び方

宅配クリーニング業者はたくさんあるため実際のところどの業者を選べばよいか迷ってしまう人も多いと思います。

せっかく高価なクリーニング代を支払うのだから失敗はしたくないものです。
そんな人のために宅配クリーニング業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

自分に合ったクリーニングプランで選ぶ

利用者のニーズも多様なように、業者ごとに様々なサービスが提供されています。

1枚から出せるプランの他に、指定枚数・単位をまとめて出すパックプランなどもあります。

自分がクリーニングに出したいものは何かをはっきりさせておき、それに適したプランを選択しましょう。

個別料金プラン

1枚当たりの料金が設定されているケースで、この場合は布団1枚から依頼することができます。

大抵の業者は複数枚を一度に依頼すると割引が発生したりします。

枚数指定パックプラン

指定枚数・単位をまとめて出すパックプランです。

布団の場合は枚数を指定されると使いづらかったりしますが、お得な料金体系であることが多いです。

パックプランを扱っている業者は多いですが、1枚の定義は業者ごとに異なります。

例えば、布団より薄く洗いやすい毛布は2枚で布団1枚分として数える業者もあれば、毛布も布団も同じ1枚として数える業者もあります。

枚数の単位はしっかり調べておきたい点です。

できればお得感のある枚数指定パックプランを利用したいものですが、例えば一人暮らしの場合ですと布団を何枚も出すということはありません。しかも、ほとんどの人はベッドを使用しているのではないでしょうか?敷布団は使用しませんので布団の枚数は1枚となります。

こういった場合は、結局個別料金プランにしないと損をしてしまうといったこともあるかもしれません。

その他のプラン

宅配クリーニング業界も競争があります。

クリーニング中は替わりの布団をレンタルしてくれるなど、他店にはないユニークなプランを提示して顧客を得ようと創意工夫している業者もいます。

料金で選ぶ

やはり少しでも安い業者を選びたいものですね^^

布団は一律同じ料金とは限らない

業者により様々ですね。

敷布団・掛け布団に関しては差別化せず同じ料金で扱う業者がほとんどです。敷布団と掛け布団を両方出した場合は、敷1枚+掛1枚で布団2枚として数えられます。

ですが、素材サイズに関しては料金が異なる(追加料金が発生する)ケースがあります。

送料は別途かかる場合がある

宅配クリーニングがメインの業者の場合、たいていは最初から送料込みの価格を提示してくれています。

しかし、白洋舎のような宅配に特化した業者というわけでない場合は提示料金の他に別途送料がかかることがあります。
※その白洋舎さんでも送料込みのパックプランも用意されています。

送料に関しても気にかけておきましょう。

利便性で選ぶ

料金の安さだけではなく、便利なサービスを展開している業者を選択するという選び方もあります。

長期保管サービスで収納スペースの節約

クリーニング品を数か月間保管してくれるサービスです。

特に布団は次のシーズンまで預かってもらえれば収納スペースの大きな節約になりますので、賃貸などで生活スペースに限りがある場合は積極的に活用したいサービスですね。

個人的には最も重要視したいサービスだったりします。

保管サービスをしている業者でも、対象が衣類のみで布団の保管に対応していない業者もありますので注意が必要です。

安心感で選ぶ

初めて利用する際などはやはり不安があるものです。

多少料金は高くとも安心感の得られる業者を選択するという選び方もあります。

品質保証のある業者を選ぶ

クリーニングの仕上がりに満足できない場合は洗い直してくれるというサービスです。

過失でもない限り使う機会はないかと思いますが、これができるのは技術に自信のある証拠ともいえますね。

損害補償のある業者を選ぶ

不幸にも事故が起きてしまったり、業者側の理由で破損してしまうこともないとは言えません。

そのような場合に備え、損害補償について明記してくれている業者を選ぶという選択もありそうです。

その際は受け取ってから何日まで受け付けてくれるかも確認しておきましょう。

宅配サービスを使う際に

配送に使用する袋や収納バンドを再利用してほしいという業者さんもいます。

そういった業者は、収納用品を再利用することでリピート注文の際に若干の割引があったりしますので、より良いサービスを維持するためにも可能な範囲で協力してあげましょう。

まとめ

今回紹介しましたクリーニング業者は、いずれも品質に関して高い拘りを持っていることがホームページより伝わってきます。その熱意は私の記事では紹介しきれませんでしたので、宅配クリーニングに興味を持たれた人は是非クリーニング業者さんのホームページへ訪問してみてください。

 

布団の宅配クリーニングは結構お高いものですが、寝具に拘りを持っている人や高級な布団を使用している人なんかはシーズンの切り替え時に検討してみることをオススメします。

まあ、クリーニングをしなくても以下のような格安布団を購入して汚れたら買い替えてしまうという選択もあります。

これならクリーニング代より断然安いですね。
無駄に買い替えるのは地球に優しくありませんが^^

-生活

Copyright© れでログ , 2019 All Rights Reserved.